« 「て」と「たれ」が隠れる帯結び | トップページ | 帯締めでト音記号アレンジ »

2024年6月17日 (月)

浴衣に衿芯

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)こちら
講師・着付け師のえりかです。
 
 

ゆかたの衿をピシッとさせたい

ゆかたは通常、襦袢なしで一枚で着るので、そのままでは衿が柔らかいままです。

もちろんそのままでも、ゆかたらしく魅力的なのですが

着物の衿のようにシャキッとさせたいとき

ゆかたの掛衿の中に、衿芯を入れます。

襦袢に入れている衿芯で良いですよ。

Dsc_3644

ゆかたの掛衿には衿芯を入れる隙間はないように思えますが

糸を少しだけ切ると入れられますよ(写真の矢印の部分、内側だけ切ります)。

この部分は糸を切っても衿が崩壊するなどということはありませんのでご安心ください。

衿芯は、衿の内側に入れます。

Dsc_3645

あとは着るだけ。

衿芯が入っていると、衣紋が抜きやすくなりますよ。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺のLINE公式アカウントでは、お友達募集中です。

友だち追加

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« 「て」と「たれ」が隠れる帯結び | トップページ | 帯締めでト音記号アレンジ »

浴衣のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「て」と「たれ」が隠れる帯結び | トップページ | 帯締めでト音記号アレンジ »