« ゆかたに衿芯 | トップページ | いちごバッグ »

2022年6月14日 (火)

浴衣の下に肌着を着る理由

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)こちら
講師・着付け師のえりかです。
 
 
もうすぐ浴衣の季節。

浴衣にもいろんな素材がありますが

中には透け感のあるものもあります。

なので

肌着は必ず着ましょう。

Img_20170825_185832

そもそも、浴衣が透ける透けないに関わらず

肌着を着ることには意味があります。

着姿を整えてくれたり

裾さばきを良くして歩きやすくしてくれたり

汗を吸ってくれたり。

それから、

大昔の習慣を語る人に惑わされないでくださいね。

浴衣は湯上がりに着るものだから素肌に直接着るべき、と

部屋着の論理を街着に持ち込まないようにね。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺のLINE公式アカウントでは、お友達募集中です。

友だち追加

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« ゆかたに衿芯 | トップページ | いちごバッグ »

浴衣のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆかたに衿芯 | トップページ | いちごバッグ »