« 痛みがあっても着物を着たい | トップページ | 暮らしの手芸本 »

2022年4月26日 (火)

夏の帯揚げ手作りする?

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)こちら
講師・着付け師のえりかです。
 
 
まだ4月ですが、暑いですね。。。

あんまり暑いと、つい夏の着物のことを考えてしまいます。

夏の着物といえば、透け感があるものが多いですね。

絽や紗の着物、 羅の帯、など。

小物類も透け感があると涼しげです。

帯揚げは、市販の夏物は絽や紋紗のものが多いと思いますが

レースなんかで手作りするのも良いですね。

Dsc_3640

これはレースではなく紋紗のハギレですが

昨年はこの布で帯揚げを作りました。

作る、と言っていいのかしらと思うほど簡単なものです。切るだけ。

他の布で作るにしても、帯揚げは布を切るだけでできるので、お手軽ですね。

布端のほつれが気になるなら、端ミシンしても良いですね。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺のLINE公式アカウントでは、お友達募集中です。

友だち追加

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« 痛みがあっても着物を着たい | トップページ | 暮らしの手芸本 »

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 痛みがあっても着物を着たい | トップページ | 暮らしの手芸本 »