« いちごのお皿 | トップページ | 浴衣レッスンとカルタ結び »

2020年8月26日 (水)

衿付き肌着

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)こちら
講師・着付け師のえりかです。
 
 
8月の最終週。

秋の気配が感じられるころになると、浴衣よりも着物を着たいです

が、

暑いんですよ。

今日も猛暑日でした。

 

なので、着る枚数を1枚でも減らすために、工夫します。

その一つが、衿付き肌襦袢。

Img_2830

肌着に襦袢の衿がついています。

つまり、1枚で肌着と襦袢の2枚分の機能があるのです。

 

Tシャツ型の衿付き肌着もあります。

Dsc_6273

ただ、これらのタイプのものは、袖の振りがないので礼装には向きません。

透け感が強い着物の下に着るのも。。。着てみて鏡を見て判断しましょう。

 

衿付きの肌着は、浴衣に半衿をつけて着物風に着るときも便利です。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺のLINE公式アカウントでは、お友達募集中です。

友だち追加

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« いちごのお皿 | トップページ | 浴衣レッスンとカルタ結び »

着物に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いちごのお皿 | トップページ | 浴衣レッスンとカルタ結び »