« 浴衣の衿に衿芯 | トップページ | 夏のインナー »

2020年6月28日 (日)

リバーシブルの帯の裏地を少し見せる

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)こちら
講師・着付け師のえりかです。
 
 
浴衣の帯結び。

リバーシブルの半幅帯だと、裏を少し見せる結び方もおしゃれですね。

Dsc_3123

このようにするのは難しいと思われるかもしれませんが

全くそうではなく、とても簡単です。

帯を胴に巻いて前でテとタレを結ぶときに、タレ側を外側に折り返しておくのです。

帯を結んで結び目を後ろに回したら、先ほどの折り返し部分を前の方まで裏が見えるように整えます。

 

言葉で言うのは難しいですね。伝わったでしょうか。。。

レッスンを受けていただくと、確実にできるようにお伝えいたします。

ゆかた1dayレッスンでもお伝えすることはできますよ。

 

7月8日はゆかた1dayグループレッスンを行います。

このグループレッスンについて、詳しくはこちらをご覧くださいね。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺のLINE公式アカウントでは、お友達募集中です。

友だち追加

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« 浴衣の衿に衿芯 | トップページ | 夏のインナー »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浴衣の衿に衿芯 | トップページ | 夏のインナー »