« 足袋くつした2枚重ね | トップページ | クリスマスのサンタ帯 »

2019年12月22日 (日)

銘仙ってどんなの?

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)
講師・着付師のえりかです。
 
 
「銘仙(めいせん)って何?」というご質問。

銘仙とは、goo辞書によると

 玉井と・紡績絹糸などで織った絹織物。縞柄・絣(かすり)柄などがあり、着尺(きじゃく)・夜具地などに用いられた。

となっています。

具体的には、紬のように節の部分があり、絣のような柄が特徴です。

先染めの着物なので、カジュアル用となります。

Dsc_1519Dsc_1523

こういう感じの柄です。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺のLINE公式アカウントでは、お友達募集中です。

友だち追加

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« 足袋くつした2枚重ね | トップページ | クリスマスのサンタ帯 »

着物に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足袋くつした2枚重ね | トップページ | クリスマスのサンタ帯 »