« 手ぬぐいを使い分ける | トップページ | ビール工場へ行ってきました »

2019年9月12日 (木)

袋帯のたたみ方について

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)
講師・着付師のえりかです。
 
 
さて
レッスンのあと、「帯はどうやってたたむんですか?」とご質問を受けることがあります。

今回は袋帯。

Dsc_1450

袋帯は、半分に折って、また半分、というようにたたむ場合が多いと思います。

使う前にたたまれていたときの折りスジがついていたら、その通りにたたむとやりやすいです。

目指すのは、余計な折り目をつけないこと。

特に、お太鼓の部分には折り目をつけないよう気をつけましょう。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« 手ぬぐいを使い分ける | トップページ | ビール工場へ行ってきました »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手ぬぐいを使い分ける | トップページ | ビール工場へ行ってきました »