« お買い物ツアー | トップページ | スタイルブック »

2019年6月12日 (水)

夏の帯ってどんなの?

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(15kimono.com)
講師・着付師のえりかです。
 
 
さて
夏の帯といえば、絽(ろ)とか紗(しゃ)とか羅(ら)ですね。

絽と紗と羅をどのように区別するのか、ということは置いといて、

透け感のある素材が涼しげで夏向きなのです。

Dsc_7463

これは博多織の夏帯。

紗献上と言われているものです。

Dsc_7464

この通り。透けます。

Dsc_7468

でも、向こうが透けて見える帯が夏帯なのかというと

それはちょっと違います。

Dsc_7456

これは絽の帯。

帯地は透ける素材の「絽」ですが、帯芯を入れて仕立てているので
向こうが透けて見えることはありません。

Dsc_7460

この帯は額縁仕立て(名古屋帯の仕立て方のひとつ)になっていて
帯芯を入れて仕立てていることがよく分かります。

透ける素材を使っている帯が夏の帯ということになりますが

もちろん例外もあります。

半幅帯などがそうです。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

facebookページはこちらです。
instagramはこちらからどうぞ。

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。
あなたの1クリックが毎日の更新の励みになります(o^-^o)

« お買い物ツアー | トップページ | スタイルブック »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お買い物ツアー | トップページ | スタイルブック »