« 明治のお嬢様本 | トップページ | 1月16日の着物 »

2016年1月15日 (金)

引き抜きの帯で結ぶ二重太鼓

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(http://ichigo-kimono.style.coocan.jp/)
講師・着付師のえりかです。
 
 
さて
NHKの朝ドラ「朝がきた」
私も毎日観ています。

この間まで
ヒロインとそのほかの女性の帯結びは
帯締めを使わない角出し(つのだし)でしたが

最近は
帯締めを使ったお太鼓になりましたね。

帯結びも
時代とともに変化しますので
ドラマの上でも
時が経ったということなのでしょう。

ところで
ドラマでの帯結びをよーく見ると

二重太鼓ですが
「たれ」だけ色が違いますね。

これはきっと
たれの部分だけ帯の裏を見せる結び方です。

Img_20160115_161808

このように
リバーシブルの帯など
裏を見せても良いものなら

いつもの二重太鼓とは違った着こなしを
楽しめますね(o^-^o)

ただし
柄の上下がはっきりしている帯の場合
お太鼓の柄が
上下逆になりますので
注意が必要です。

引き抜きの帯といって
お太鼓の柄が逆さになっている帯が
この結び方に向いています。

写真の帯のような
柄に上下がない帯ならば
問題なく結べますよ(^_−)−☆

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

« 明治のお嬢様本 | トップページ | 1月16日の着物 »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569635/63072670

この記事へのトラックバック一覧です: 引き抜きの帯で結ぶ二重太鼓:

« 明治のお嬢様本 | トップページ | 1月16日の着物 »