« 古典的な柄でもクリスマスカラーのコーディネート | トップページ | ひつじの本 »

2014年12月10日 (水)

お化粧は着物の前が良いと思うのですが

こんにちは。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(http://ichigo-kimono.style.coocan.jp/)
講師・着付師のえりかです。
 
 
さて
お化粧するなら
着物に着替える前に済ませるのが良いと思います。

絹など
洗えない着物を着るのなら特に。

パウダー類が胸元に落ちて着物が汚れることは
絶対に避けたいことなので。

しかしワタクシ
ときどきお化粧の前に着物を着てしまうことがあります。
うっかりです(/ー\*)

最近、そのような事態になったときに活躍するのは
もっぱらコレ。

Kimg1562

膝掛け?肩掛け。。??

本来の用途はよくわからないですが
1か所をボタンでとめるようになっています。

お化粧するとき
首の後ろでボタンをとめて
前の衿もとや胸元を布で覆うようにすると
汚れる心配なく
思い切りメイクできるというわけです。

エプロンやタオルでは
部分的にしかカバーできないので
布の分量が多いのは助かります(。・w・。 )

実はこれ、
電気屋さんの景品だったのですけどね。。

Kimg1563

リラックマです。。。(*゚ー゚*)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

かろやか着付け苺の着付教室では受講生を募集いたしております。
また、出張着付けも承ります。お気軽にお問合せくださいませ。

« 古典的な柄でもクリスマスカラーのコーディネート | トップページ | ひつじの本 »

ヘア・メイクのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お化粧は着物の前が良いと思うのですが:

« 古典的な柄でもクリスマスカラーのコーディネート | トップページ | ひつじの本 »