« 涼しげ♪金魚の帯留め | トップページ | 帯を少し折ってアクセント »

2014年7月23日 (水)

帯板を帯の中に入れる方法

こんにちは。

今日は二十四節季の大暑です。
暑いですね(^-^;

しかし外では子どもたちの元気な声。
夏休みですものね。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺(http://ichigo-kimono.style.coocan.jp/)です。
 
 
さて
天神祭も近いし
浴衣でお祭りに行こうと計画されているかたも
多いでしょうね。

これは帯板ですが

Kimg1328

帯を締めて、あとから帯の中へ入れるタイプのもの。

ときどき、着付教室の生徒さんの中から
このタイプの帯板を入れにくいというお声を耳にします。

Kimg1333

このような向きで入れようとすると
スッと入ってくれないとのことなのです。

そんなときは

Kimg1329

このように
一旦タテにググッと入れて

Kimg1330

回転させながら帯の中におさめます。

スッと入りましたか?

Kimg1332

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

毎日更新の励みになっています♪

« 涼しげ♪金魚の帯留め | トップページ | 帯を少し折ってアクセント »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569635/60031297

この記事へのトラックバック一覧です: 帯板を帯の中に入れる方法:

« 涼しげ♪金魚の帯留め | トップページ | 帯を少し折ってアクセント »