« ボストン美術館展 | トップページ | 梅干を漬けました »

2013年6月 3日 (月)

セオα浴衣

皆さん、
テレビで時代劇をご覧になりますか?

着付教室の生徒さんに聞いたところ
着付けをはじめてから観るようになった、という方が多いみたいです。

しかも
「帯ばかりが気になるんですよ〜」
とおっしゃいます。

それ、私も同じです(≧∇≦)

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺です。

 

さて
嵐山よしむらの浴衣を買いました。

Dscn6401

なんだか浴衣っぽくない色と柄ですが

これは夏着物としても着ることができる
しかも単衣の時期(つまり今ごろ)から着られる
着用期間が長い浴衣なのですよ。

素材は「セオα」。
汗を吸い取ってすばやく発散し
涼しく着ることができる、東レの新素材です。


さっそく着てみました。

Dscn6398

帯はタレを長めに垂らして
キッチリではなく、ゆる〜り な感じを出してみました。

かろやか着付け苺では
浴衣の着かたと浴衣に合う帯結びをお教えする
「浴衣1dayレッスン」を行っております。

ご希望の日時でのレッスンも可能ですので
お気軽にお問合せくださいね。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

毎日更新の励みになっています♪

« ボストン美術館展 | トップページ | 梅干を漬けました »

浴衣のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569635/57517102

この記事へのトラックバック一覧です: セオα浴衣:

« ボストン美術館展 | トップページ | 梅干を漬けました »