« 短い名古屋帯をお太鼓にしてみました | トップページ | 手編み帯留め2個 »

2013年5月21日 (火)

短い名古屋帯でアレンジ結び

5月下旬になり
日差しも強くなってきましたね。

私もこの夏用に日焼け止めを買いました。

日焼け止めは首にも塗るので
着物を着たときに半衿がなるべく汚れないもの
それが購入のポイントかな。

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺です。

 

さて
引き続き、短い名古屋帯の話題です。

今日はお太鼓以外の結びかたを考えてみました。

Dscn6358

これは角出し
ですが
私が着付教室でお教えしている結び方とは
少ーしだけ違います。

帯締めを通す部分を折り返すことなく
帯締めでタレをいきなり押さえてしまいます。

角出しを結べる方なら
以上のような説明で分かっていただけるでしょうか。

 

もうひとつのアレンジ結び。

Dscn6354

こちらは形は角出しのように帯枕を使いませんが
テ先を上から出す結びかたです。

テの長さは帯の長さに応じて
また、全体的なバランスを見ながら調整します。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

毎日更新の励みになっています♪

« 短い名古屋帯をお太鼓にしてみました | トップページ | 手編み帯留め2個 »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569635/57430322

この記事へのトラックバック一覧です: 短い名古屋帯でアレンジ結び:

« 短い名古屋帯をお太鼓にしてみました | トップページ | 手編み帯留め2個 »