« みじかい名古屋帯 | トップページ | 短い名古屋帯でアレンジ結び »

2013年5月20日 (月)

短い名古屋帯をお太鼓にしてみました

スーパーへ行ったら、新生姜がでていたんですよ。

それが感動的だったので
買ってしまいました!

Dscn6334

この大きさでパック詰めで売られてましたよ。
スゴイですね((・(ェ)・;))

ちなみに、この生姜は甘酢漬けにしました♪

甘酢は「新生姜漬けの素」という名の市販のものです。
袋のウラに漬けかた書いてあるし、お手軽 ( ^ω^ )

大阪の着付教室・出張着付けの
かろやか着付け苺です。

 

さて
昨日話題にした短い名古屋帯。

着付けボディちゃんに結んでみました。

この帯は
お太鼓とタレの柄が続いているように結ぶことができます。

Dscn6342

が、
お太鼓の柄優先で結ぼうとすると
通常の手順の結びかたの場合

Dscn6345

テが全く出ません。。。。( ´;ω;`)

手の長さを優先して柄合わせをしない場合では
お太鼓の折り返し部分が極端に短くなるため
なにかと不安げな仕上がりになるわけです。

しかし
短い帯限定の、裏技的な結びかたをすると

Dscn6349

お太鼓とタレの柄がつながっていて
なおかつテが出てきました♪

すこし練習が必要な結びかたですが
アンティーク帯などの短い帯でジレンマをかかえている方などは
覚えておくと新しい着こなしの世界が広がる
とても「使える」テクニックだと思います。

かろやか着付け苺の着付教室
ステップアップコースでお教えいたします。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

毎日更新の励みになっています♪

« みじかい名古屋帯 | トップページ | 短い名古屋帯でアレンジ結び »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569635/57424662

この記事へのトラックバック一覧です: 短い名古屋帯をお太鼓にしてみました:

« みじかい名古屋帯 | トップページ | 短い名古屋帯でアレンジ結び »