« ウルトラ蒸しショウガ | トップページ | 1月26日の着物 »

2013年1月25日 (金)

名古屋帯で文庫ふう結び

スーパーで買ってきた「米づくり」という飲み物。

原料に山田錦(日本酒の原料として有名な米の品種)使っていて
天然水使用で特選仕込み。
酒造メーカー大関との共同開発で
しかも「●お酒ではありません」ですって。

どんなお味か興味シンシンですね〜( ̄ー ̄)ニヤリ

「お酒はたしなむほど」と言ったら
「エッ?∑(゚∇゚|||)」と言われます。
大阪の着付教室・出張着付けの かろやか着付け苺です。

 

さて
名古屋帯を文庫ふうに結んでみました。

Dscn5635  Dscn5637

この帯は、テ先がすり切れていて
お太鼓ではちょっとハズカシイ感じなのですが
この結びかたですと、すり切れた部分もうまく隠れて
まだまだ充分使えます。

しかも
かわいい でしょう?

アンティーク帯や、短めの帯などでも。
若いお嬢さんのお出かけなどに
いかがでしょうか。

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

毎日更新の励みになっています♪

« ウルトラ蒸しショウガ | トップページ | 1月26日の着物 »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569635/56624278

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋帯で文庫ふう結び:

« ウルトラ蒸しショウガ | トップページ | 1月26日の着物 »