« 襦袢の袖が長いとき | トップページ | 大判ストール »

2011年12月 5日 (月)

帯揚げ帯締め使わない名古屋帯

今、twitterで話題になっている帯結び。
それは、おつうさん(@turumarumon)が紹介されていた結び方で
名古屋帯なのですが、帯揚げも帯締めも使わない方法。

Dscn2845

このようになります。

写真を撮るために和装ボディに結んでますが
私も実際にやってみたところ、
半幅帯の感覚で結べる手軽な帯結びです。


まず、手先は腕の長さくらい(短め)で胴に二巻きし
たれを上にしてひと結びします。

Dscn2848


手先を折り上げ、そこにたれを上からもってきて
輪を作って手先と結び目のあいだに通します(片蝶結びのようになります)。

Dscn2850


たれ先を残すような感じで
たれの部分を結び目と胴回りのあいだに通します。
このとき完全に引き抜ききらないのがポイント。

Dscn2852

結び目より上の部分を下におろして
形を整えて出来上がり。


たれを引き抜いて、帯締めを使ってたれ先から15cmくらいのところを締めると
こんなふうにもできます。

Dscn2853


柔らかめの帯がやりやすいと思います。
普段着の着物にピッタリです。

« 襦袢の袖が長いとき | トップページ | 大判ストール »

帯のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569635/53411261

この記事へのトラックバック一覧です: 帯揚げ帯締め使わない名古屋帯:

« 襦袢の袖が長いとき | トップページ | 大判ストール »