« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

Dscn2771

柿ですよ〜(*^-^)

柿といえば、秋の代表的な果物のひとつですね。
だけど、考えてみれば今日で11月もおわり。
もうすぐ冬がやってきますよ。

これからは干し柿の季節ですかね。。。

冬には着物もいろんなお洒落が楽しめます。
コートに羽織り、ポンチョはもちろんのこと
マフラーやストールは洋服に合わせていたものが使えますし
カラフルなアームカバーも、防寒とおしゃれの両方で大活躍。

皆さんも、冬の着物のおしゃれ、楽しんでくださいね(o^-^o)

2011年11月29日 (火)

ふくら雀の変形バージョン

Dscn2754

若いお嬢さんによく似合う帯結び、ふくら雀です。

今日は、このふくら雀を変形させてみました。


Dscn2756

片方の羽を2枚にしましたよ。
これはたれがギリギリ(゚ー゚;
長〜い帯で結ぶと余裕を持ってできそうです。


Dscn2759

こちらは、お太鼓部分のひだを変えてみました。
こんなふうにするのもカワイイですね。


111129120632

そして、たれをお太鼓の中に入れて、ひだにしました。
これもいい感じ♪

帯結びをいろいろ考えていると、ついつい時間を忘れてしまいます。
かわいい結び方を考えて、頭の引き出しのなかに入れておきます。
いつでも取り出せるように。ね。

2011年11月28日 (月)

着物写真はなで肩で

昨日の着物姿の写真は夫に撮ってもらったんですけど

Dscn2738

夫の目の高さから撮ったのがこれ。
そして


Dscn2739

数秒後の写真がこれ!
しゃがんだ姿勢で撮ってました!


印象が全っ然違うでしょう?
どこが違うかというと、撮られる角度ですよね、明らかに。


上の写真は「まぁこんなものかな」と思えるのですが
下の写真は、顔は多少小さく見えるものの
肩が張って見えるし、なんだか太って見えます。
どっしりした感じに見えますよねぇ。。。


写真を見比べてみて、気がつきました。
着物姿は、なで肩に見えるほうが美しいのだと。
なので
写真を撮ってもらうときには、できるだけ なで肩に見えるように
カメラの高さを調整してもらいましょう。

撮られる人の角度も重要ですよね。
幸い、デジカメの場合は何枚でも撮り直しがききますから
時間が許す限り、何枚でも撮ってもらいましょうね。

2011年11月27日 (日)

11月27日の着物

もうすぐ11月もおわり。
肌寒い、を通り越して『寒い』になってきましたね。

今日もウールの着物。そして無地の名古屋帯。
羽織をはおって、ちょっとしたお出かけ。

Dscn2749


着物の下はTシャツにステテコ、長襦袢。
足には足袋くつした。
徐々に寒さに対応していきます。

もう少し寒くなったら、ヒートテック着たり
足袋靴下の下に5本指のハイソックス履いたり
レギンス履いたりします。

2011年11月26日 (土)

蝶々みたいな帯結び

お花がたくさん描かれた振袖に
蝶々みたいな帯結びをしてみました。

Dscn2734

お花にチョウチョがとまっているイメージ かな?


Dscn2735

チョウチョさんはお花が好きなので。
帯締めで作ったお花をプラス。

今日は帯結びでちょっと遊んでみました(*^-^)

2011年11月25日 (金)

お店のシフォンケーキ

大阪の着付教室『かろやか着付け 苺』
の最寄り駅、大阪市営地下鉄今里筋線 だいどう豊里駅
の1番出口からすぐの場所に
ケーキ屋さんがオープンしたので
行列に並んできました!

シフォンケーキ食べてる天使の看板。

そんなお店だから、私もシフォンケーキを買いました。

Dscn2727


箱をあけて、写真だけコソッと撮ったのですけどね、フフフ…
今日の晩ご飯のデザートになります。

さて、大阪の着付教室『かろやか着付け 苺』では
受講生を募集いたしております。

詳しいカリキュラムなどはホームページをご覧ください。
お問い合せ、お申し込みは、メールでお気軽にどうぞ。

2011年11月24日 (木)

半衿つけ用お針箱

お菓子が入っていた白い缶。

Dscn2716


ふたを開けると

Dscn2719


お裁縫セット。

襦袢の半衿をつけるときにだけ活躍するお針箱です。
だから、中身もシンプル。


針と糸以外に、安全ピンも入れています。

襦袢の袖がちょっと着物からはみだして困るとき
そでの中ほどをすこしつまんで安全ピンでとめておくと
ピッタリサイズの袖のできあがり。

そんなふうに便利に使えますよ。

2011年11月23日 (水)

かわいい懐紙

懐紙をいただきました。

Dscn2707


カワイイですよ。
奈良にちなんだ絵が描かれています。


Dscn2714

シカの絵も。
前を走るのが女の子で、うしろから追いかけているのが男の子でしょう。


懐紙といえば、お茶の席でお菓子をいただくときなどに使うのを想像しますが
調べてみると、いろんな使い方ができるんですね。

ハンカチのかわりにしたり、お皿代わりにしたり、ちょっとしたものを包んだり。
袋状に折って、ぽち袋として使うこともできるみたいです。


でも、かわいいので、むやみに使うのはもったいないですね。
一枚一枚、大事に使おうと思います。

2011年11月22日 (火)

フライドポテト

今日のおやつはフライドポテトです(o^-^o)

Dscn2700

フライドポテト、ポテトフライ、フレンチフライ…
いろんな呼び方がありますね。

ファストフード店のポテトもおいしいですが
やはり揚げたてを食べることができるのは家庭ならでは。
材料のジャガイモは、あまり大きくないものなので
長〜いポテトはできませんし、ちょっと不揃い。
そんなところがまさに家庭のおやつ、という感じでしょう?

味付けも、塩あじ、塩こしょうあじ、カレーあじ
少しずついろんな味が楽しめます。

サツマイモで作っても、ほんのり甘くておいしいです♪

2011年11月21日 (月)

着物をしまう前に

昨日は私の師匠・堀口初音先生の出版記念パーティーでした。
会場は大阪・堂島ホテル。
とっておきの訪問着を着て行きまして、うきうき楽しいときを過ごしました。

おいしいお食事をたくさんいただきましたが
着物には目立った汚れもなく、無事に帰宅。

着物を脱いだらハンガーにかけておいて

一晩経ちました。


さて、出番です!

Dscn2696


ベンジン!!!


一見汚れていないと思っても
一度着た着物には、なにかしら付いているものです。
特に衿もとや袖口などは
知らないうちに汗や皮脂、ファンデーションなどがつきやすいところ。
フォーマルきものは、一度たんすにしまわれると
次にいつ着る機会があるか分かりません(私の場合はネ)。

次に着るときに、シミになっていて後悔することのないように
脱いだ後のお手入れも、丁寧にやっておかなければなりません。


ベンジンの使い方は、
『着る前 着た後 キモノのしたく片づけ』(神無書房)
『手ほどき七緒 着物すっきり。「お手入れ」大百科』(プレジデント社)
などに詳しく書かれているので、そちらを参考になさると良いかと思います。


寒いですが
換気のために窓を開けてベンジンを使います。
そんなに時間がかかる作業ではないし、手早く。

お手入れが終わった後は
ハンガーにしばらくかけておいて
たたんで、たとう紙に包んで、たんすにしまいます。

次に着る時のために、ていねいに。

2011年11月20日 (日)

11月20日の着物

今日はホテルでパーティーですヽ(´▽`)/
昨日から出しておいた訪問着。
着るのは息子の七五三以来だから、もう1年以上ご無沙汰でした。

Dscn2676


髪型も、フォーマルにふさわしく、いつもより前髪を高ーくまとめました。

着物の下は、着物スリップ、正絹長襦袢。
足には白足袋。
正統派スタイルです。
今日はキチンと補正もしています。

洋服の時だって、パーティーとなると、
ドレスはもとより下着からこだわりますよね。
特別なところに行くときに、特別なものを身につけるのは着物も同じです。


今日は堂島ホテル。
楽しんできますo(*^▽^*)o

2011年11月19日 (土)

前日から準備します♪

明日は久しぶりにフォーマルきものを着ます。
なので、気合いをいれて前日の今日から準備!

たとう紙から着物、襦袢、帯を出してハンガーにかけておきます。
帯揚げ、帯締め、草履やバッグも出しておきます。
肌着や紐、帯枕はいつも使っているものでOK。

Dscn2672


あとは半衿をつけて、明日になるのを待ちます( ^ω^ )


ふだんの着物は、その日の気分で選ぶ私ですが
フォーマルきものの場合は準備をしておいたほうが
当日になって慌てなくてすむので、そうしています。

さてさて、明日が楽しみです♪


2011年11月18日 (金)

手作り名刺入れ

久しぶりに小物を手作りしました。

Dscn2664


名刺入れです♪

こちらのサイトの無料型紙DL→名刺入れを参考にしました。

少しの布でできるし、ミシンで直線縫いとボタン付けができれば簡単。
裁断から仕上げのアイロンがけまで、1時間程度でできました。


Dscn2665

名刺20枚も、余裕で入りますよ。

2011年11月17日 (木)

2012年の手帳

来年の手帳を買いました。

Dscn2661


この手帳についていた説明書によると、
12月1日は『手帳の日』だそうですね。

そういえばこの手帳は今年の12月1日から始まっていますよ。


いつもの年なら年末のおしせまったころに、のんびりと翌年の手帳を選ぶのですが
今年はありがたいことに、早くも1月の予定がポツポツとはいり始めています。
なので、予定を確実に記入しておくものが必要だったんです。

携帯電話のスケジュール機能を使うこともできますが
でんわさんは、肝心なときにバッテリー切れという致命傷を負うこともあるので
私の場合は手帳に手書きが確実なんです。
ここに関してはアナログ派です(^-^;


しかし
この表紙、もう少しかわいくしたいです。
自分の持ち物とすぐに分かるように
手帳カバーを手作りしてみようかな。

2011年11月16日 (水)

紙袋クリスマスバージョン

七五三の日も過ぎました。

と思ったら、京阪百貨店では買ったものをこんな袋に入れてくれました。

Dscn2653


クリスマスバージョンの紙袋w(゚o゚)w

やっと秋が深まってきたと思ったら、もうクリスマスなんですね。。。
月日が流れるのは早い〜(´ρ`)


着物のほうも、そろそろ本格的な冬支度を始めなければなりません。
羽織やコート、ショールなど、着物のお洒落はいろんなもので楽しめます。
ポンチョをはおってもかわいいんですよ♪


さて、
大阪の着付教室『かろやか着付け 苺』では、受講生を募集しております。

ベーシックコースのグループレッスンは、12月1日木曜日10:30スタート。
3か月で修了するコースですので、この時期から始めれば
春のイベントに着物でお出かけできるようになりますよ。

個人レッスンは、随時募集しております。

カリキュラムや料金など、詳しくはかろやか着付け 苺のホームページをご覧ください。

お問い合せ、お申し込み、お待ちしております。
メールにてお気軽にどうぞ(o^-^o)

2011年11月15日 (火)

11月15日の着物

今日の大阪は空気がピリッと冷たくて、寒いですが良く晴れています。
なので、ウールの着物に羽織をプラスしました。

Dscn2646


半幅帯は、後ろでお文庫にしています。

着物の下は、Tシャツ、半襦袢にステテコです。
インナーはまだ夏っぽいですね。。
足には足袋くつしたを履いています。

なんだかやっと爽やかな秋らしいお天気になったような気がします。
でも、これから一気に寒くなっていくのでしょうかね。
皆さま、風邪ひかないよう、気をつけてくださいね。

2011年11月14日 (月)

文楽いってきました

昨日は文楽を鑑賞してきました。

演目は『鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)』

えーと、簡単に言うと、牛若丸と弁慶それぞれの子ども時代から
京の五条橋で2人が出会うまでのお話です。

途中の休憩を含め、約4時間
堪能してきましたーヽ(´▽`)/


Dscn2640


伝統芸能というと、なかなか身近に感じられないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
お子さんがいるご家庭なら
NHK Eテレ『にほんごであそぼ』に出演されている
豊竹咲甫大夫(とよたけさきほだゆう)や、
三味線の鶴澤清介さんなどはご存知なのではないでしょうか。

文楽は、正面の舞台で人形が演じ、
上手(向かって右)側の床(ゆか)といわれる場所でお話が語られます。

私の席は、前から4列目の上手側。
昨日は豊竹咲甫大夫を間近で見ることができて、ちょっと興奮しました(≧∇≦)


以前にも言ったかと思いますが
劇場は、舞台と客席を包む『空気』も味わいどころのひとつですね。
文楽でも、クラシック音楽でも
その場の空気が張りつめたり緩んだりするのを感じられるのは
DVDやビデオにはできない、劇場ならではのことだと思います。


でも、伝統芸能って、なんとなく敷居が高いワ
と感じている方、
そんな方におススメの本があります。

私の師匠、堀口初音先生の『上方伝統芸能あんない(創元社)

この本には、伝統芸能鑑賞の最初の一歩が踏み出せるように
チケットの買い方や、何を着て行けば良いかまで
丁寧に分かりやすく書かれています。

皆さまもぜひ読んでみてくださいね(o^-^o)


そうそう
文楽での弁慶のお人形
大きいけれど、意外とかわいかったデス。

2011年11月13日 (日)

11月13日の着物

今日はね、文楽に行きます o(*^▽^*)o
全く予想していなかったときに、ふいに私の手の中にスルリと入ってきたチケット。
要するに、チケットいただいた、ということです。フフフ


Dscn2636


柿色着物に、紺地の名古屋帯をお太鼓で。
着物の下は、Tシャツ、化繊の半襦袢にステテコ。
足には白足袋はいてます。


ところで
『苦しくない着付け』を実践している私が
今日はなんとなく胸のあたりが息苦しかったんですよ。

なぜ?
と思いながら、キッチリ着た着物をもう一度着直してみようと
一枚一枚脱いでいったら…
なんと最後まで苦しいんです。

そう!
原因は和装ブラだったんです!!!
つまり、着付けには問題なしだったんですよー ┐(´д`)┌ヤレヤレ

原因が分かったところで
和装ブラを苦しくないように調整して
いつものとおり着物を着たら
いつものようにラクな着物姿になれました( ^ω^ )

2011年11月12日 (土)

中原淳一氏考案のきもの

不思議な着物を持っています。

Dscn2620


柔らかでざっくりとしたウール。
前の重なる部分が浅いし、おくみの縫い目がありません。
背縫いは、2枚の布を縫い合わせているのではなく、1枚の布を少しつまんで背縫い風に見せています。

さて、これは ?


おそらくこれです。

Dscn2625


『中原淳一 きもの読本』(平凡社)74ページの『一番簡単に作るきもの』。
昭和30年代、当時もうすでに若い人の着物離れが進んでいた時代
着物を着る楽しさを思い出してほしいと考案された
幅広の洋服地で作る着物です。

本には作り方も載っていますが
当時は洋服も自分の体にあわせて仕立てるひとが多かったのか
この洋服地で作る着物は、洋服に仕立て直しする時のために
なるべく布を切らないで作る方法が書かれています。


こんな着物がたんすの中にあったら
もしかしたら、お母さんかおばあちゃんが
中原淳一ファンだったのかもしれませんよ。

2011年11月11日 (金)

ホームページができました

大阪の着付教室『かろやか着付け 苺』のホームページができました。

マニュアル本片手に、悩みながらもなんとか完成。
これからも、より見やすくするためにチョコチョコ更新する予定です。

このブログのサイドメニューからもリンクしていますので
ご覧になってくださいね(o^-^o)


Dscn2618

こんなかんじです。

2011年11月10日 (木)

帯枕くらべ

ふたつの帯枕。

Dscn2605

大きさの違い、わかりますか?

そう。
上の帯枕の方がすこし高さがあるんです。


このふたつの帯枕をつかって
お太鼓がどのようになるか比べてみました。

Dscn2607 Dscn2611


お太鼓部分の大きさがちがいますね。
左のお太鼓のほうが大きい(縦に長い)の、お分かりですか?

左のお太鼓には、高さがある方の帯枕を使用しました。

こうして見るとちょっとしたことのようにも思えますが
着る人にとってはおおきな違いだったりしますよね。


着物を着たとき
もっとこぢんまりとしたお太鼓にしたい、とか
もっと大きなお太鼓で、帯の柄をたくさん見せたい!と思ったら
帯枕を見直してみるのもひとつの方法かもしれません。

2011年11月 9日 (水)

ハクサイを上から見る

なんだか急に寒くなってきましたね。
季節がやっと晩秋だということに気づいたのでしょうかね。。。

さて、ハクサイです。

Dscn2587


ミニハクサイです。上から撮ってみました。
鮮やかな緑がきれいです♪
写真にうつっているのは外側の葉っぱで、柔らかい部分はこの下にあるんですよ( ^ω^ )

実は、つい先日
東京の着付教室シロップさん(私の先生です♪)の11月4日のブログをみて
ハッとしたのです。
ハクサイの旬の季節なのだと。

私はハクサイがたっぷり入ったお鍋が大好き。
ハクサイのクリームシチューも好きです。
ミニハクサイなら、冷蔵庫の野菜室に立てて入るので便利です。

2011年11月 8日 (火)

キラキラ名古屋帯

今月はちょっとオシャレしたいお出かけの予定があります。
なので、おでかけコーデをあれこれ考えているんですよ。

Dscn2564


この小紋も私のお気に入りのひとつ。

そしてこの名古屋帯。金色です。キラキラしてます。
お太鼓にすると、帯まわり全体がキランキランするので
ここはひとつ羽織をはおって、おなかのあたりのキラキラだけをさりげなく見せる
というのでどうかなぁ。。。と 考えています。

実はこの名古屋帯、昔のものなので少し短めなんですよ。
普通にお太鼓を結ぶと、たれの部分がかなり短くなります。
でもね、
そんな帯でもキッチリ結べる秘策があるんです。
『発想の転換』ということばがピッタリの方法です( ̄ー ̄)ニヤリ

2011年11月 7日 (月)

やきいも!

今日のおやつは焼き芋!

Dscn2562


私はいつもオーブンで焼いています。
アルミホイルでひとつひとつキッチリ包んで
普通の大きさのお芋だと160℃で90分(余熱なし)ですが
今日のは小さめのお芋ばかりをセレクトしたので
時間を短めにして70分で焼き上げました。

アツアツのホクホク♪
バターやマーガリンをのせたり、ハチミツをつけたり
塩をぱらりと振ったりしていただきます (≧∇≦)

今日は気温が低めなので、あったかいおやつでホッとひといき( ^ω^ )



さて、大阪の着付教室『かろやか着付け 苺』では
ただいま受講生募集中です。

教室は、大阪市営地下鉄 だいどう豊里駅から徒歩2分。
近くにコインパーキングも複数あります。
電車でもお車でも通いやすい場所です。

着物をひとりで着られるようになりたい方は、
全8回で完結する『ベーシックコース』がオススメです。

お問い合せ、お申し込みはメールにてお願いします。

2011年11月 6日 (日)

11月6日の着物

今日の着物もウール。

Dscn2513


厚手のウールに名古屋帯。
着物の下はタンクトップ、衿つき肌襦袢にステテコ。
足には白足袋。


今、11月ですよね。
でも、今日は暑かったですよね!?

湿度が高くジメジメしているので、室内にいるとじんわりと汗がでてきます。
外に出ると涼しいんですけれど。。。

最高気温22℃。湿度高め。
今日のような日は、ウールよりも木綿の着物を着た方が良かったかもしれません。

2011年11月 5日 (土)

3枚の帯板

帯板が3枚。

Dscn2476


私が持っている中でも、カワイイ系の帯板です。
帯を締めるとき、着物と帯のあいだ、または帯の一巻き目と二巻き目のあいだに入れて使います。

写真のいちばん上の花柄の帯板は、フェリシモときくちいまさんのコラボ商品。
真ん中の鹿の子模様の帯板は、私がふだんいちばん良く使っているもの。
そして、いちばん下のピンクの帯板は
なんと、私が子どものころ使っていた帯板なんです!

見たところ、3枚とも大きさは変わらないでしょう?

そうなんです。
私は子どもの頃からフツーの帯板をつけていたんです。
… 知らなかった。。。(・_・)


ずっと引き出しの中にあったのですが
子ども用だし、小さいよね。。。と思い込んでいて、今まで使っていなかったんです。
しかし、普通のものと変わらないと知ったからには
使いますとも。普段用にしっかりと!

ただ
裏側にはひらがなで、私の名前がおおきく書かれているんですけどね。


ちなみに
6歳になった息子のおなかにあててみたところ
両端がちょうど脇のあたりまできました。
帯幅さえ問題なければ、子ども用としても使えるようです。

あ、だから子どものころの私の着物につかってたのね。。。

2011年11月 4日 (金)

ハチミツ

疲れたときには、甘いものをちょっと口に入れると
ホッとしますよね(*^-^)

Dscn2473


甘いものというとカロリーが気になりますが、ハチミツは別。
ハチミツに含まれる糖類は砂糖よりも吸収が早く、疲労回復に効果的だそうです。

パンにつけたり、紅茶にいれたり。
独特の風味も好きなので、摂りすぎないように気をつけながら楽しんでいます。
 
 
 
さて
大阪の着付教室『かろやか着付け 苺』では
着物生活を楽しみたい方のために
『ベーシックコース』『ステップアップコース』『着せ付けコース』の
3つのコースをご用意しております。

ベーシックコースは、ひとりで着物を着られるようになるコース。
ステップアップコースは、もっと着物を楽しみたい方へ。
着せ付けコースは、ご家族やお友達に着物を着せてあげたい方にお勧めします。

ホームページは、現在作成中です。
ご質問やお問い合わせは、メールにてお願いします。

2011年11月 3日 (木)

袴の紐

袴をたたむとき、紐にも独特のたたみかたがあります。

Dscn2468


このたたみかたは、紐の根元を両側から引っぱると
スッとほどけるような仕組みになっているんですよ。

いったい、どなたが考えたんでしょう??

機能性のみならず、たたみ終えた時の美しい形。
しかも、それほど難しくありません。

そして、男性用も女性用も、同じたたみかたです。

2011年11月 2日 (水)

ゆりの花

Dscn2464

大きなゆりの花。
つぼみが二つ、ひらいているのは一つだけですが
お部屋じゅうにいい香りがただよっています。

お部屋にお花があると、生活が潤うというか
良いものですね(*^-^)

ゆりと言えば、おしべについている花粉が悩みの種ですが
(触ると色がついて落ちにくいので)
私は花が開いたときに、割り箸で花粉の部分だけをプチプチと取っています。
 
 
 
さて、
大阪の着付教室『かろやか着付け 苺』では、生徒募集中です。

ベーシックコースは、ひとりで着物が着られるようになるコース。
全8回で完結するレッスンは、ひと月に2〜3回のペースで行います。
レッスンをはじめて3か月後には
ひとりで着物を着て、名古屋帯が結べるようになっています。
もちろん浴衣もサラリと着られるようになっていますよ(o^-^o)

教室は、大阪市営地下鉄 だいどう豊里駅から徒歩2分の場所にあります。
お問い合わせは、メールでお気軽にどうぞ。

2011年11月 1日 (火)

11月1日の着物

今日から11月。
でもなんだか、大阪は蒸し暑いです( ̄○ ̄;)

そろそろ寒い季節の着物を着たくなったので
厚手のウールを出してきました。

Dscn2453


ウールの着物に名古屋帯。
帯は角出しにしましたが、後ろ姿が見えませんね。。。

着物は秋冬仕様ですが
着物の下はTシャツ、半襦袢にステテコといつもと変わりなく、まだ夏仕様です。
足には足袋くつしたを履いています。
 
 
 
ところで
着物を着て行く場所がない、とか、着る機会がない、というようなことを耳にすることがありますが
そこで言う着物とは、振袖とか訪問着とかのフォーマルな着物のことですよね? ね?

ウールや木綿、紬などの着物はカジュアルなものなので、ふだん着物にピッタリ。
デパートでも商店街でも、お友達とお食事にも着て行けます。
普段着の洋服で行ける場所には、着物でもだいたい行けますよ。


今日の私のお出かけ先は、心斎橋の楽器店。
木琴のバチを買いにいきました。

Dscn2457

息子が調子よくたたいているうちに、木琴に付属していたバチが折れてしまったので。
…ちから入れすぎですよね。。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »